FXに関する有益な情報をお伝えします。

 
  サイトコンテンツ
サブプライムから始まった世界金融危機。

米ドルやユーロはもちろんですが、スワップ派に人気の南アランド、豪ドル、NZドルなども大暴落。スワップ派は大火傷した人がほとんどです。デイトレード派の方が断然傷が浅いです。

FXは参加者の損と得を全て足せばゼロになるゼロサムゲームですから(手数料は除く)、ここを利用して稼いだデイトレード派も珍しくありません。

何故スワップ派は痛い目に遭ったのでしょうか?それは、スワップ狙い=長期保有している=チャートをマメに見ない=暴落に気付かない!という理由です。しかもデイトレード派でシステムトレードをしている人は、損切りラインを定めている人が多いです(定めていない人は今すぐ設定してください!)。

損切りラインはあまり遠くてはデイトレード派にとっては意味がありませんから、慎重な方は数pips、余裕を持たせている方でも2円以内でしょう。しかしスワップ派の方は損切りラインを定めてしまうと、頻繁な売買になってしまってむしろ困ってしまうのです。しかも高金利通貨は新興国が多いのでインフレ率も高いので、損切りラインを定めてしまうと簡単に引っかかってしまうのです。

高金利通貨の代表選手はトルコリラですが、そのトルコは公的施設の入場料など公的な料金が年に数回値上げされるのが普通です。

当然ですが、常に緩やかな円高トレンドになっています。その円高の対策としてスワップがもらえると思ったらいいかもしれません。ですから損切りラインは定めていないのが普通で、今回の世界金融危機のような急激な暴落になると突然多額の含み損を抱えてしまう事になります。しかも、デイトレとは違いリスクが低いという認識があるためか、レバレッジを高くかけている人が多いように思います。

FXは外国為替証拠金取引の略であり、その名の通り為替取引です。

預金ではありませんので、金利を中心に考えるのには無理があります。デイトレードが基本でチャートも常にチェックしていて、おまけとして少額をスワップ狙いに使うくらいならいいのですが、金利狙いで参入している人は戦略を考え直した方が良いと思います。


FXについて

  メニュー
  • トレンドとはどういう事を指しますか?
  • スワップとはどのような方法なのでしょうか?
  • スワップも使って利益2本立て
  • スワップ金利を運用するには
  • スプレッドの意味を教えてください。
  • スワップ=金利ばかりに目が向くと…
  • スワップ派のリアルな心の叫びが聞こえます
  • チャートを読む!
  • デモFXについて

  •  
    Copyright (c)2009FXのウソ・ホント All Rights Reserved.