FXに関する有益な情報をお伝えします。

 
  サイトコンテンツ
数あるFX用語の中に、スプレッドという言葉があり、このスプレッドというFX用語は結構良く使われているのですが、このスプレッドという意味をよく理解していなくてFXに対して二の足を踏む、という人も少なくありません。

今非常に大きな不況の波が金融市場を脅かしていますが、1つのFX用語を理解していなかった事により、選択肢を少なくしてしまっていては現在の不況の中で勝ち残っていくのは困難になってしまいます。

きちんと意味を理解していればさほど難しいものではなく、スプレッドというのは、国内株取引などにはない概念で海外における市場だからこそ生じるもの、つまりスプレッドとは、簡単に言ってしまえば、買値と売値の差額の事を意味します。

例えば、よくニュースなどで「1ドル=92円50銭〜55銭」といった表示を見たり耳にしたりする事がありますよね? 結構アバウトだなと感じたりしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これは実際にアバウトなのではなくこの場合、1ドルを円に変えるとしたら、92円50銭が必要で逆に、円を1ドルに変えるには92円55銭が必要、という意味を持ったもので各通貨間で、他の通貨に変える時に少しの差が発生する・・・これをスプレッドと言います。

このスプレッドというのは証券会社によって変わり、この差額を手数料として証券会社が受け取るシステムとなっているので、スプレッドというのは、いわば手数料のようなものと考えて下さい。

FXでは手数料無料、という証券会社をよく見かけますが、これは全てにおいて無料というわけではなく、スプレッドがあるので通常手数料が無料でも大丈夫という解釈の方がいいですね。

ですのでFXを行う時、各証券会社の条件を見て比較する際、手数料だけで決めてしまわずに、スプレッドにも注目し、どれだけ小さいかなどという点もしっかり見ておきましょう。


FXについて

  メニュー
  • トレンドとはどういう事を指しますか?
  • スワップとはどのような方法なのでしょうか?
  • スワップも使って利益2本立て
  • スワップ金利を運用するには
  • スプレッドの意味を教えてください。
  • スワップ=金利ばかりに目が向くと…
  • スワップ派のリアルな心の叫びが聞こえます
  • チャートを読む!
  • デモFXについて

  •  
    Copyright (c)2009FXのウソ・ホント All Rights Reserved.